jamar chrome

記事一覧(110)

新成人の方へのお酒との付き合い方

ドッツです。本日月曜ですが祝日ですので営業致します。新成人の皆様誠におめでとうございます。20歳になり飲酒が出来るようになったという事で、バーテンダーとしてお酒との付き合い方をお話したく思います。もし「今日は沢山飲もう!」という日があれば家族と自宅で、或いは友人と宅飲みで、安全な場所で飲んで一度潰れてください。それが貴方の限界量です。この限界量がわからないまま社会に出て、潰れてはいけないタイミングで潰れる方をよく見てきました。先輩やあるいは取引先の前で失敗する前に家族友人の前で試しておいて下さい。宅飲みをオススメするのは「あ、もう飲めないな」となったらそのまま横になって寝れるので。外で飲むと回りの勢いに任せてオーダーして限界超えて飲み続けるケースがあります。急性アルコール中毒になるのはだいたいこのパターンです。また上の話にも通じるのですが学生時代安酒を大量に飲んで吐いてそれがトラウマになる方も非常に多いです。「ワインが苦手」「ウイスキーが苦手」「ジンが苦手」という方に理由を聞くとだいたいがこのパターンです。そのお酒を知って良い飲み方をする為には「良いお酒を適量」飲んでみてください。ドッツで言うと12年ものより少し上の1500〜2000円クラスのショットでしょうか。その味わいや背景をお伝えした上で味わっていただく事でそのお酒の美味しいと部分が理解出来ますので、次回からは1000円のウイスキーを飲んでも「そのお酒を美味しいと思えるポイント」がわかり十分な満足感を得られます。現にドッツに来てからウイスキーを飲むようになった、ワインを飲むようになったというゲストも多くおられます。皆様がこれから先楽しいお酒をお召し上がりになれますように。それではドッツオープンです。